スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想記の纏め

アルテイルの公式設定とは猛烈に違い、2次創作独自設定やキャラ崩壊が多々ある為注意。(例:ダニエルの武器が銃・家主が魔法王国の占い師等)
また、基本的に全員アホ(おい)。
ここで紹介するキャラで全てではなく、サブキャラやら使い捨てやら敵キャラやらもいる。
単発モノは載っていない。続きモノのメインキャラのみ。



~~~~~~~~~~

『探偵Dの暴走事件録』

魔法探偵ダニエルとその仲間(?)ミストが色んな事件に突っ込んでいく物語。
何も推理なんてしない、主人公が探偵である意味皆無な暴走の記録。
ちなみに最初の妄想記でもある。

主な登場人物

『ダニエル』
「引っ付きすぎです、ミスト」
元キャラは魔法探偵『ダニエル』。
魔法王国でミストが管理人を務める事務所に住む青年。そこそこ女性に人気がある。
甘いお菓子が大好物であり、話し出すと止まらない。また、異常な執着心も持ち合わせており、妙な行動に走る事もしばしば。
1人称は「私」で普段は礼儀正しいが、心の奥では人を守るという想いが燃えている。
船に弱く、酔い止めを使っても顔が青くなる。
チョコを食べると魔法により過去を『視る』事が出来る。が、あまり使いたがらない。どうしてこんな事になってしまったのか、犯人は何を思い、何故自分は事件を防ぐことが出来なかったのか。その事を知るためには本気で事件を考えなければならない。等と思っており、魔法で過去を視るだけでは知る事が出来ないと考えている。
物凄い鈍感であり、ミストの想いに全く気付かない。
ジャクレスとは因縁の相手であり、ライバルである。
主な武器は銃と過去を視る魔法。

『ミスト』
「別にいいでしょ~この方が暖かいし」
元キャラは魔法王国の占い師。
魔法王国でダニエルに事務所を提供している占い師。
占いは命中率1000%(自称)だがダニエルは彼女が占っている場面を見た事が無い。
グランを稼ぐ事が大好きでダニエルから法外な家賃をぶん取ったりしている。
何故か色んな人に恐れられており、たまに妙な知識を持ち出してきたりする怪人物。
ほぼ全ての魔法が使えたり、邪霊竜(不完全)を1撃で吹き飛ばす、ギャグでは最強等、明らかにリミッターの外れた能力を有する。
戦闘時には『蒼のマント』(自称)になるが、毎回服装と口上が違う。目の前で変身したりするのでバレバレだが本人は正体不明を突き通している。
ダニエルの事が好きだが全然気付いて貰えない。色々と工作してみるが全く振り向いて貰えない苦労人でもある。
主な武器は魔法(特に水魔法が得意)。



『ツイン・ブレイド』

傭兵王国嶺の端の端、自治の届かぬ街。
そこに住み着いた落ちこぼれの勇者と勇者志望の少女。
変人奇人だらけの無法地帯、今日も剣が飛び、怒号が叫びをあげる。
途中にある「ずもももも」な絵は黒にゃんこさんからの貰い物。感謝。

『ヴルド』
「行くぜ、ミナ。全員纏めてぶった斬る!」
元キャラは落ちこぼれの勇者。
にミナと一緒に住んでいる青年。
老け顔。本人は凄く気にしている。
口調は乱暴、行動も乱暴。家の中はミナが掃除している為綺麗だが、ミナが来る前は謎の煙が漂う空間だった。
物凄いノーコンだが、何故か奇跡を起こす。
掃除等家事は苦手だが、料理だけは物凄く上手。しかし、面倒なので出来るだけ自分では作らない。
スキルにより、力を持つ者を察知でき、相手の力が強いほど、自身の筋力を強化できる。
昔は放浪の身だったが、ある時に追われる身となり、に流れ着いた。
その後は腐っていたが、ミナと出会う事で色々な変化が起こることに。
戦闘狂だがミナに感化されて段々とマシに。とはいえ戦いになるとテンションが上がるのは変わらず。
グランをとても大事にする。しかし、グランよりも自分がしたい事を優先する為、いくら積まれようが気に食わなければ誘いを蹴る事も。
ルアロに好意を持たれすぎて半ストーカー行為を受けている。
主な武器は大剣。馬鹿力過ぎて普通の剣では折れてしまうのが悩み。

『ミナ』
「よーし、勇者の戦いを見せてあげるっ!」
元キャラは渡り歩く少女剣士。
勇者に憧れてラヴァートを渡り歩いていたが、ヴルドが気に入った為に一緒に住んで(おしかけて)いる。
「悪は滅ぶべき」と単純に考えている為、無茶をやらかそうとする事も多く、よくヴルドに止められる。
家事はそこそこ出来る。料理以外の全ての家事を担当している。
食事の時には修羅場と化す。ヴルドの料理が好き。
スキルにより、目標の弱点を見抜く力を持つ。
メインの武器は片手剣だが、投げナイフで敵を牽制しつつ攻撃したり、時には剣まで投げる。実は格闘も得意。
『可愛い女の子を愛でる会』に神聖視されているが本人は気付いていない模様。
ルアロとは仲が悪い。が、別にヴルドに恋をしている訳でも無い。
主な武器は片手剣と投げナイフと流体術。



『始まりの話・あとがき』

とある日に見た夢から始まったパートナー関係。
天の声(仮)に導かれ、ヘタレイクサーと霊の憑いていない【霊体型】が行き着く先は……
……まぁ、主人公が俺の時点でロクな話じゃないけどな。
うp先はアルテイルSNS。Web全体公開なので登録してない人も読めます。ちなみに現在最長の妄想記長編。
あとがきはそのまんま。俺の妄想記ではどれを読んでも大体あります。本編以上のキャラ崩壊注意。

『マグネシア』
「よーし。今日も元気にいくぜ、相棒」
元キャラというか作者本人。
ヘッポコローティア使役者。戦闘用魔法少女が大好き。
基本的にあとがきでよく出る。が、『始まりの話』では主人公になる。
あとがきでは妙にハイテンション。但し、戦闘になると敗北確率100%を誇る。作者なのに。
『始まりの話』では無駄にカッコ良くなったりダレテメェ状態。どうしてこうなった。
ヘタレだが頑張れば(吹っ切れば)邪霊竜(不完全)を召喚出来る。だが、基本的にやられ役なのは何故だろう。
ローティアのカード全般と炎魔法を好んで使うが、治癒魔法は苦手。また、実力も大してないのでネームドはあまり出せない。
戦闘用魔法少女を相棒と呼んで共にしている。
主な武器は神の札(アルテイル)。

『ノーム』
「大丈夫です。行きましょう」
元キャラは戦闘用魔法少女【霊体型】。
突然マグネシアの前に現れ、パートナーとなる。『ラスト・ホープ』を唯一使う事が出来る。
【霊体型】だが肌の色は良く、霊的な物も無い為、破壊される前の【霊体型】であると思われる。
インプットされたデータがある為、教養としての常識はある。が、あくまで教養としてのデータしかなく、よく突拍子も無い事をやらかしてその度にマグネシアが気絶する。
元は廃棄された存在。その過去により、信頼した人に嫌われる事を怖がっている。
抱擁されたり、密着した状態が安心出来るので好き。
口癖は「大丈夫」。
主な武器はアストラルアームと『ラスト・ホープ』。

『天の声』
「さて、どうなりますかね」
元キャラは秘密(え)。
いきなりマグネシアに試練を与えたり、任務を与えたりする正体不明の人物。
電話や夢の中でコンタクトを取ってくるが、姿を現そうとはしない。
『ラスト・ホープ』を創ったり、空間転位や空間創造まで出来る物凄い力を持つ。

『相棒』
「あまり暴走しないで下さい」
元キャラは戦闘用魔法少女。
マグネシアと共にいる戦闘用魔法少女。
一緒にいるのがあれの為、ツッコミ役に回る事が多い。
早くちゃんとした名前を付けてほしいのだが、中々付けて貰えない。というかここに書いた時点で名前が出る可能性が更に減っている。
暴走した作者に貫通を喰らわせることが多々ある。
作者の贔屓により、何かにつけよく出演する。困ったら出演する。相棒可愛いよ相棒(自重しろ)
実は淋しがり屋だったりする。その事で稀に暴走する事も。
主な武器はアストラルアーム。



『馬鹿共の日常』

太陽王国に仕える人々のお話。
シリアス成分皆無。妄想記にしてはネームドカードがかなり多い。
ちなみにタイトルの『馬鹿共』は初出がエイプリルフール(四月馬鹿)ネタだったのとazm3さんの4コマ漫画の印象が強すぎた為。

『カイル』
「ハル。今日は何して遊ぼうか?」
元キャラは銀陽の影『カイル』。
フェルラートに仕える軍司。人造人間や超力兵製造の指示を出している。
仕事は真面目で優秀。部下達にも尊敬されているが、王の事を想いすぎて暴走しまくる。また、頑張りすぎて倒れることも。
イシュタルとよく行動を共にしており、ハルシオンと遊んであげるのが日課。
運動音痴であり、泳げない。
役職柄超力兵と仲が良い。

『イシュタル』
「たまには街に行ってみるのはどうかしら」
元キャラは『イシュタル』。
フェルラートに仕える隊長。軍の指揮を採る。
カイルに負けず真面目で優秀だが、さすがに倒れる程はしない。だが、フェルラートの事を想いすぎるのは同じ。
これまたハルシオンと遊んであげるのが日課。いつもオーバーワーク気味なカイルを気にかけている。

『ハルシオン』
「ハル、マチをおサンポしたい」
元キャラは超力兵『ハルシオン』。
フェルラートに仕える超力兵。実力は高い。
皆にハルと呼ばれている。王国内で人気がある。
漢字の部分をカタカナに変換するという独特のイントネーションで話す。
子供らしく色んな物に興味を持ち、色んな事を訊く。
カイルとイシュタルが大好き。2人を探して城を歩き回ってる姿をよく見られる。そしてその姿を見た兵士に和まれる。

『フェルラート』
「今日も楽しそうだな」
元キャラは銀陽帝『フェルラート』。
太陽王国の王。政権・軍権を掌握している。エスカティアを妻に持つ。
カイルやイシュタル、ハルの事を実の子の様に可愛がっている。
身近な者から国の兵や民全ての人間の事を考えている。
実は泳げない。
エスカティアには翻弄されっぱなし。

『エスカティア』
「あら、貴方も楽しそうな顔をしてるじゃない」
元キャラは月光妃『エスカティア』。
元月公国最高権力者にして現在はフェルラートと婚約した身。
フェルラートと同じく、カイル達を可愛がっている。
国中の人々から尊敬されているが、同時に『思いつき』で周囲を振り回す事でも有名。遊びの為に兵士をパシらせたりもする。



『とある4人の心中』

魔法学院に通う天道四衆が1人リミッテ。
実は、彼女には好きな人が……
恋愛モノに見せかけてギャグが大半。正直すまん。
文調は『学園キノ』参考。真似るのも下手だが他の妄想記との差別化はそこそこ出来てる……筈。
こちらもアルテイルSNSに。これまた未登録でも読めるように設定済み。

『リミッテ』
「きょ、今日こそは……」
元キャラは天道四衆『リミッテ』。
魔法学院に在学する女の子。天道四衆の1人。『暴走娘』と呼ばれている。
イーグレットに想いを寄せるが、中々告白出来ない。
口調はぶっきらぼう。喧嘩早いが、好きな人の前では素が出る。1人称も「オレ」から「私」に変わる。
見た目もボーイッシュだが女の子らしくアクセサリーが好き。
魔法の複重詠唱が得意。四重以上の詠唱はキレた時に使う。
料理は味は美味いけど見た目が最悪になるという特殊な腕前。
主な武器は魔法。

『イーグレット』
「リミッテ。何をブツブツ言ってるんだ?」
元キャラは天道四衆『イーグレット』。
魔法学院に在学する男の子。天道四衆の1人。『寡黙な剣』と呼ばれている。
リミッテなら付き合ってもいいと思っているが、こちらから告白する気配はない。
冷静だがリミッテが危険に晒されていると激しく怒りを表す。
高速移動の魔法が得意。魔法の応用で術剣『アグニージャ』を喚び出す。
恋愛方面の勘は悪い。お陰でリミッテと中々近づかない。南無。
主な武器は術剣『アグニージャ』と高速移動魔法。

『ゼンテ』
「ふふふ……リミッテ、頑張らないと、ね」
元キャラは天道四衆『ゼンテ』。
魔法学院に在学する女の子。天道四衆の1人。『電撃鞭』と呼ばれている。
ニドルと付き合ってる……と、思いたい。
友人でもあるリミッテの恋を応援している……と思いきや、リミッテがアワアワしているのを横で見て面白がっている節がある。
怒ると怖い。が、怒ったイーグレットには負ける。
鞭の一振りだけで恐怖の感情を芽生えさせる事が出来る。
主な武器は電撃鞭と無茶フリ。

『ニドル』
「何故、俺は、ゼンテの、尻に、敷かれて、いるんだ?」
元キャラは天道四衆『ニドル』。
魔法学院に在学している男の子。天道四衆の1人。『隠れ熱血』と呼ばれている。
ゼンテと付き合っている……筈だがパシられたりお仕置きされたりの日々。
口調は粗暴だが意外と常識人かつ仲間思い。イーグレットに助言を与えるがあまりアテにして貰えない苦労人。
魔法で精霊を喚び出し、その力を借りて戦う。リミッテよりも速いが威力は低く、イーグレットよりも爆発力があるがスピードが無いという中途半端な強さ。
自分の二つ名が気に入っておらず、そこだけはイーグレットが妬ましい。
主な武器は精霊召喚魔法。



『ナナクサ 眼鏡の話』


大陸を放浪する魔刀使いナナクサ。ある日、空腹で山に迷い込んだ彼は1人の巫女に出会う。彼女の村にはある影が舌を伸ばしていた。
ナナクサの眼鏡に纏わる話。妄想記には珍しくハッピーエンドらしからぬ出来。
トゥントゥさんからリクエストを貰って出来た妄想記。回数としては短めだけど俺は結構気に入っている。

『ナナクサ』
「俺には、大事な物がある」
元キャラは魔刀の完成者『ナナクサ』。
追っ手に追われながら世界を旅する侍。命を吸う魔刀『しだれ永光』の持ち手。
熟練した刀士であり、『しだれ永光』の切れ味も合間って強烈な一撃を放つ。
味音痴。どんなに不味い物でも食べられる。
主な武器は『しだれ永光』。

『マイカ』
「ナナクサさん。もっとお話しましょう?」
オリジナルキャラ。
とある山村に住む女の子。眼鏡をかけている。
代々受け継がれてきた巫女の末裔であり、自分も母の後を継ぐ立派な巫女になるのが夢。赤い眼鏡は巫女の持ち物でもある。
料理が下手。だが、ナナクサには関係なかった。



『猫とこたつと私と姉と』

こたつから飛び出た猫耳2つ。それを見つめる猫耳4つ。さて、この亀をどうしよう?
とりあえず猫3人(匹?)出してキャラ崩壊させたかっただけ。特にリト。猫好きな方々マジゴメン。
またもやアルテイルSNS。やっぱり未登録者でも読める設定。

『リト』
「こたつこそ人類が生み出した最高の発明品だと思う」
元キャラは猫剣聖『リト』。
フィスターアを姉に持つ猫族。
ナバリで修業がてら旅をしていたので東方文化に詳しい。
ナバリの刀技を使いこなすクールな女剣士……の筈だがこたつの事になるとキャラが変わり、頭だけを出した状態でこたつの素晴らしさをとつとつと語る。その姿には威厳も何も無い。
フィスターアの胸にコンプレックスを持っている。また、クモが大の苦手。
主な武器は刀とこたつ語り。

『フィスターア』
「良いから出掛けようよ、リトねーちゃん」
元キャラは『フィスターア』。
リトを妹に持つ猫族。他にもの大所帯。太陽王国で兵として仕事をしている。
リトの事をリトねーちゃんと呼ぶが、本当はフィスターアの方が姉。身長差や性格、面白さなどを考えてこう呼んでいる。
リトの大人びた外見やクールな性格に憧れている……が、流石にこたつ好きには憧れない。
リトをこたつから引っ張り出すために毎年苦心している。しかし、あまり成功した試しがない。
下の兄弟が多いため面倒見は良い。しかし、家族がいない場ではかなり奔放な性格であり、色んな事に首を突っ込む。
主な武器は『オリービアの翼』。

『マズルカ』
「また家の中をグチャグチャにしやがりましたか、あの姉妹……」
元キャラは猫従者『マズルカ』。
リト・フィスターア姉妹を気にかけてちょくちょく様子を見に来る。その度に部屋の掃除や洗濯をして行くため、彼女が帰った後は超綺麗。
口は悪いが仕事はしっかり完璧にこなす。ほうきを片手に清掃活動。目下の目標はリトをこたつから引きずり出す事。
主な武器はほうきと『いたいけな妄想』。



『めいおん! 魔王組』

私立ローティア高校魔王組。そこには4人の生徒会がいた。
まぁ、他の組にも有名人は沢山いるし、ついでに先生も有名だし、校長すら変人で知られる変な高校ではあるのだけれど、それはともかく。
そんな生徒会の4人がまともな学生生活なんて送れる筈が無く、何か行事がある度に……行事が無くても毎日何かしらの騒ぎが高校で起こる訳で。
旧ブログ、アルテイルSNS、『めいおん!』掲示板に掲載。掲示板いつの間にか無くなってたけどな!(おい)

『シメオン』

「ええい、暑苦しいから離れろぉ!」
元キャラは神人『シメオン』。
魔王組生徒会長所属。別名『ショタ魔王』。
実力はあり、人望もあり、統率力もある……のだが、見た目が幼い故あまり敬われない性を背負った魔王。
生徒会らしい事はあまりしていない。というか先生も校長もまともじゃないのに生徒がまともという義理はない。
暇な時間が嫌いらしく、結構思いつきで行動する。我が儘はカリスマと力で押し通す。
泳げずビビり。生徒会には様付けで呼ぶ様に指示しているが、イングリトは絶対に守らない。
主な武器は陰陽道とショタ萌え。

『イングリト』

「やーん、照れてるシメオンも可愛いっ」
元キャラは幽玄妖精『イングリト』。
魔王組生徒会所属。大きさは普通の人間大に補正されている(本来は妖精らしく小さき存在)。
索敵や隠蔽が得意なのでスパイじみた事をよく請け負っている。生徒会にそんな物が必要かは考えるな。
シメオンが大好き。小さい女の子や男の子が大好き。『妹』と呼ぶ子分が何十人といるとか。
シメオンに触ったり抱き着いたり頬擦りしたり舐めたりするのが趣味。シメオンも抵抗を諦め気味。
裏ではシメオンや仲間の為に1人で仕事をこなしたりする頑張り屋でもある。
主な武器は幽玄魔法とシメオン弄り。

『アイヴィ』

「イングリトは相変わらずねぇ」
元キャラは『アイヴィ』。
魔王組生徒会所属。
主に部隊の采配や戦いの指揮を任される。生徒会にそんな物が必要かと問われるとなんとも言えない。
自らの決断に絶対の自信を持つが、地味に生徒会で一番の常識人。他が濃すぎるのだよ。
但し、常識人だからといってツッコミ役になったりはしない。傍観して楽しむタイプ。
主な武器は弱体化スキル。

『ウィリディタス』

「シメオン様……何も出来ない私を許して頂きたい」
元キャラは黒騎士『ウィリディタス』。
魔王組生徒会所属。
シメオンの警護や校内見回りが主な務め。生徒が生徒を警護ってなんだよ。
シメオンに絶対の忠誠を誓っており、シメオンからの信頼も厚い。但し、イングリトだけはどうにも出来ない。
忠誠心が強すぎてシメオンを脅かした相手に斬りかかったりする。また、奉仕する事について妙なこだわりを持っている。
主な武器は剣と真の従者がなんたるかを説く事。



書いてみて思ったが疲れるなこれ。
つーか多い&長い。纏めどんだけ苦手やねん。
しかし、これから話が増える度に追加されていく訳で……うーむ。
よし、誰か代わりに纏めて(おい)。



更新情報
4月12日:取り合えず思い付いたのを片っ端からうp。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マグネシア

Author:マグネシア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルテイル画像利用規約
(c)Gamepot Inc, All Rights Reserved. 当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームポットに帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。